死の笛



アステカ人が戦争の時に吹いたそうだ。
音が人の断末魔の叫びらしい。
すごい音。

E-bayとかで売っていた。

マジいりません。

こういう南米髑髏ものは好きで、ベットカバーとかメキシコシュガースカル柄とか使っていたりする。
それでもマジきついわ。

南米ものは好きだなぁ。グアダルーペのマリアのペンダントとか持ってる。
私のは女性用ですが、男性用でグアダルーペのマリアのアクセサリーは多いですね。

あとペルーの地母神、パチャママとか好きです。
パチャママは今もアンデスで信仰されてる。
あとニューエイジの女神信仰の人にも人気。
スポンサーサイト

インカジェイド

ペルー産のネフライト翡翠、インカジェイドというものに興味しんしん。

中国のホータン玉を最近購入しましたが、ニュージーランド産のネフライトグリーンストーンとともに
私のネフライト翡翠同盟は何kgにもなるくらいゴロゴロですわ。

今日はネフライトひすいのバングルをつけております。

私は服では似合わないので緑はあまりないのですが、宝石系は緑ばかりだなぁ。

今日は私の住んでるところでは冬至です。

偉大なる女神が太陽神を出産する日です。

ペルーのお守りでインカジェイドの南十字星型の真ん中に穴があいていて天に通じるというものがあるんだけど
これは是非インカジェイドで欲しい。
中国産で作ってもアリかもしれないが、パイライトがきつい緑の濃いインカジェイドで欲しいお守りだ。

生贄の体を引き裂いて心臓を取り出す刀は、インカ帝国ではインカジェイドで作ったそうだ。

ネフライトは軟玉といえども、硬い。
ニュージーランドのネフライト、グリーンストーンの刀型の武器はこれで頭蓋骨を割れるくらい硬い。
ニュージーランドのマオリ族はこれで戦った。この武器の形をしたグリーンストーンのお守りも持っています。
グリーンストーンは胎児の形をしたTIKIというお守りとか色々持っているのだ。
18170_large.jpg

インカジェイド ↑



これはインカ帝国で戦争の前に吹いたそうだ。断末魔の叫びを表現。
あるいは死ぬ魂を慰めるために吹いたとか、生贄のために吹いてあげたとか・・。
これはインカジェイドでもいらないです。無料でも怖いからやだ。

カジャルメイクアップ コールメイクアップ



娘が「何で日本人なのに日本の化粧動画観ないで、インドのばっかり観るんだよ?」と聞いてきた。

私はこう答えた。

私はカジャルというインドの化粧品を持ってるので、日本の動画は参考にならない。

あと日本の化粧動画は可愛すぎて参考にならない。

古代インドやバビロニアやエジプトみたいなエキゾチックを目指しているのだ。

最近はパンダと化してる。

黒の中の黒が好きだ。真っ黒で漆黒のカジャルが好きだ。



こういうメイクもやるんですよ・・・苦笑 ↑



個人的にはこういうあんちゃんは好みだ。

ジェルライナーを買いました。



カジャルでインド伝統メイク、スモーキーアイなどをやりまくっております。

しかし私の住んでるところは現在冬で雨が多い。

雨の外出の後、アライグマになってしまいました。
私のカジャルはギーやひまし油ベースの古典なので・・ウォータープルーフではないのだ。


女子プロの悪役みたいになりましたぁ・・。ハロウィンぽくもあった・・。

ジェルライナーを今日買いました。
メイベリンです。
ウォータープルーフです・・苦笑。

SURMA KHOL 宗教的化粧



マホメットはSURMAというKHOLを使っていた。
動画の女の子が言うようにイスラム圏ではこれはマホメットと同じ行為であり、女性にも奨励された。
マホメットは健康や霊的意味で使って、化粧というわけではなかったんですが・・。

ただ動画のコメントの中にHASHIMIのSURMAの鉛含有量は問題であると指摘があった。
この女の子はHASMIの製品ではなく、モスクの店で買っていて、それはナチュラルで安全なのだそうだ。

HASHIMI駄目なのか・・。しゅん。でも一本ぐらい買って時々使う分にはいいのかも・・とかまだあきらめきれなかったりする。

この粉タイプのSURUMAは使い方さえマスターできればいい化粧品なのだと思う。
やたら使い方が難しい商品だが。
このSURMAタイプはゲランとか忘れたけど他の普通の大手でも発売された。
動画を観ていると、普通の人には練習がかなり必要である・・という印象を与える。
でもSURUMAをした眼は綺麗なんだよね。
プロフィール

ようのすけ

Author:ようのすけ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR